第13回 クラウドネイティブアプリケーション実例とコンテナによるマイクロサービス管理ハンズオンを開催しました

今回はDockerの執筆やリモートワーカーで話題のASAにハンズオンをしていただきました。

ykcloud.connpass.com

【セッション1】クラウドネイティブアプリケーション実例・Prefer Cloudのアーキテクチャ

www.slideshare.net

浅海さんによるプラットフォーム戦略の話を聞きました。 攻めと守りというキーワードがあったように、割り切っている所やなぜそのなプロセスをとっているのか、という考えが良く伝わってきて、積み重ねられてきた試行錯誤の取り組みの賜物ですね。

仕事のやり方という視点でもとても参考になりました。

【セッション2】コンテナによるマイクロサービス管理ハンズオン

qiita.com

こちらの記事とスライドをベースにハンズオンを体験しました。 実行環境であるGCPのアカウントを作成する所から2時間強でコンテナでクラスターを作るというところでやりました。

なにがすごいかっていうと、「オレDockerを扱えてる。Kubernetesべんり!!」とわかった気になるようなハンズオンで最後まで時間内で破棄するところまで持っていけている、この感覚。

ASAさんの「実行中に余談なんですけど実はGCPは・・・」というお話は、普段AWSしか使っていない人から見てすごく面白い話しでした。

現在ある書籍も執筆しているそうで、楽しみです。

当日はこんな感じでした

togetter.com

その中でも印象に残ったことを

GCPは普段使っていなかったけど。Dockerということに関してはかなり便利そう。マルチリージョンの考え方をプロジェクトで切っている辺りなど普段AWSを使っている人からすれば新鮮でした。AWSだとリージョンを跨ぐのは考えることも多いけど、GCPだとすごく簡単というところは知っておきたいポイントですね。

ASAさんは広報だったんですね。研究職かと思っていました。 かなり技術寄りでエバンジェリストとも少し違うしブランディングとも違う。 各会社個性ある広報がいるというのがある意味会社のカラーと言ってもいいかもしれないなと思いました。

【LT】 Terraformでオーケストレーションを統一する

www.slideshare.net

私の方から、妻がインフルエンザで寝込んでしまいお蔵入りとなっていたネタを、急遽飛び入りで発表させていただきました。 Terraformを知っている方は参加者の1/3〜半分程度でした。実際にどれくらいの方が使われているのかは聞きそびれてしまいました。。。

こういう、クラウド利用やこれからのシェア系の話しってどこまで信頼していいものなんでしょうかね?周りではパブリッククラウドの話しばかりが目立つのですが、同じ方向に興味を持っている人の集まりなので気づきにくいだけとも言えますし、実際にプライベートクラウドやオンプレと繋ぐって話しは仕事でよく聞きます。OpenStackをユーザ側としてやることなった経験もし、あながち宣伝要素が高いとは言えないの気もしてきました。

最後に

浅海さん、阿佐さんとも話しが面白いのであっと間に時間が過ぎてしまいました。発表とハンズオンどうもありがとうございました。 次回以降もコンスタントに開催していきたいと考えているので、自身でも楽しんでいきたいです!

一時ファイルを作らずにコマンドライン引数でGitHub上のVim scriptを読み込んでVimを起動する

怠慢すぎるVimをチョット便利に活用する方法をメモがてら紹介します。

Vimの設定をしていないサーバのシェルでファイルの名前を変更しようと思った時に、renamer.vimで手軽にしてしまおうかなと思ったことです...

前提

  • 設定ファイルを書かないLinux環境である
  • Vim scriptを配置したり消すのさえも一時的すぎて面倒くさいと感じる時

ワンライナー

$vim -S <(curl -s https://raw.githubusercontent.com/vim-scripts/renamer.vim/master/plugin/renamer.vim)

renamer.vimとは

renamer.vimはファイルのリネームがVim上でテキスト修正した結果で反映できる、ちょっと便利なプラグインです。

使い方

  1. :Renamerで開始
  2. Vimで手動でファイル名を変更(正規表現置換とか文字編集を行う)
  3. 編集したファイルはシンタックスハイライトが変更され、直感的にわかる。
  4. :Renでファイル名変更反映

今は、他にもファイラーとして使える多機能なプラグインが存在しているので、本格的に使うならそっちを使った方が良いと思います。

Macbook Pro 2016 の TouchBar を活用できるようにMacVimをセットアップしてみた

Vim Advent Calendar 2016はすでに埋まっているのでエア参加の気持ちで、今回はTouchBarを使うためのMacVim初期設定あたりを紹介します!

先月、Macbook Pro 2016 の TouchBarを購入してインプレッション体験的な続編となります。

guyon.hatenablog.jp

残念感よりもTouchBarが少しでもいいなと思えるに、MacVimでTouchBarを活用できるようにしてみます。

  • MacVimのKeymapで使いそうなものをそれっぽく割り当ててみた
  • 文字や描画でFnキーよりもあえて視覚効果や欲望を与えれるように
    • キーマップ割り当て忘れてしまう問題(Fいくつだっけ?って覚える必要がない)
  • 連打系とトグル系とランチャーの3つくらいに分類
    • 娯楽エッセンスも注入
  • ボタンの広さや左側・右側もレイアウトして指定し使いやすく
    • ランチャー系は左
    • 連打系は右
    • トグルは真ん中
  • ESCは常に表示

完成イメージ

f:id:guyon:20161218003022j:plain

MacVimのインストール

github.com

最新版をインストールします。 ひとまずvimrcなどの設定ファイル関係のファイルはごそっと旧環境から移行してきました。

パッケージマネージャなどでプラグインをインストールします。

フォントのインストール

フォントをインストールします。

Rickyがメンテナンスの関係で公開されなくなったと記憶していたので、こちらのサイトを参考に合成フォントとしてRicty Diminishedをインストールしてみました。

tech.pjin.jp

$brew tap caskroom/fonts
$brew install Caskroom/cask/xquartz
$brew tap sanemat/font
$brew cask install font-ricty-diminished

gvimrcを設定する

でか文字が好きです。

if has('win32')
    " Windows用
elseif has("gui_macvim")
    " Ricty Diminishedを利用する
    set gfn=Ricty\ Diminished\ Regular:h24
    set gfw=Ricty\ Diminished\ Regular:h24
elseif has("gui_mac")
elseif has('mac')
elseif has('xfontset')
endif

" TweetVimでアイコンを表示する
let g:tweetvim_display_icon=1

TweetVim周りの設定

MacVimでIconを表示するためにImageMagickをインストールする必要がありました。 OS X Sierra ではImageMagickはデフォルトインストールではなかったんですね。

$brew install imagemagick 

その他にもこちらのサイトにハマりポイントが書いてあったので実施しておきました。

「設定」→「詳細」→「CoreTextレンダラーを使用する」のチェックを一度外し、MacVimを再起動する。 その後、もう一度チェックをOnにして、再起動する。

mjhd.hatenablog.com

TouchBarのカスタマイズ

f:id:guyon:20161218003408p:plain

BetterTouchToolを使ってTouchBarをカスタマイズします。

キーコンビネーションやキーを割り当てられるのがいいですね。 Vimと相性良さそうです。このツールではイベントを受けて動的にTouchBarを変更できるようにはなっていないようなので、周辺ツールが整ってくればもうちょっと面白いことができそうです。

f:id:guyon:20161218003844p:plain

MacVimで常にESCを一番左に表示しつつ、全領域を使えるように General Touch Bar Settings を上記のようにしました。

また、TouchBarを押した時にオーバーレイで表示されてふわっと消える描画も簡単に設定できるので、普通のキーマッピングより視覚的にわかりやすく、リズムにのりやすいかもと思い設定しました。

f:id:guyon:20161218004701p:plain

押すとこんな感じに表示されます

f:id:guyon:20161218004914p:plain

TouchBarキーボード周り

こんな感じになりました

f:id:guyon:20161218003341j:plain

f:id:guyon:20161218010208p:plain

最後に

これはまだまだ使い込んでいないし、トグルでON/OFF二ついらんだろうというのもあるので、寿司を回す以外に便利に使っていきたいものです。 娯楽をぶっこんでTweetVimを使っている時にMacVim上でアイコンをだせるようになって満足しました。?

Macbook Air 2011 から Macbook Pro 2016 Touch Bar 13インチ に乗り換えて 1Password にデビューした

f:id:guyon:20161127190525j:plain

ここ数年MacBook Air 2011 のつらい環境から早く乗り換えたいと思いつつも、MacBookMacBook Airがでるかもという噂が出ていたので、結果的に今回の発表まで待って薄くなったタッチの方のMacBook Pro 13インチを買いました。

買う前に気になったのは2つくらい。主にVim周りのリズムが狂うのを心配しました。

  • Touch Barって便利に感じるのだろうか?
  • VimやターミナルでESCを入力するとき違和感あったらつらそう

とは言っても、15インチはTouch Barしか選べず並行で旧来のキーボードを売っていく気配がなかったので、結局使うことになるのであれば慣れるために早めに使ってしまえと Touch Bar を選択。

TouchIDに対応した1Passsword デビューへ

f:id:guyon:20161127182934p:plain

Black Friday Mac アプリのバンドル

1Passwordを買おうとしたところ、Parallels Desktopが 1Password 他のバンドルセットを始めていました。 妻もアンチウイルスソフトを乗り換えで買おうとしていた所だったので、タイミングが絶妙でした。

ちょっとだけ気にしたこと

  • Family 版なので毎年更新が必要
    • まずは勢いに任して試してみる
  • 保管先がDropboxか1Passwordに預けるか自前で管理するか
    • 両社ともクラウドには変わりはなくセキュリティ管理と対応はいいので1Passwordとする
  • バージョンアップも多そう

ということで、家族もいるし便利に使えそうです。 パスワード管理という性質上TouchIDで解除は怖いので、もうちょっと追加機能でアナログ攻撃の安全性が高まることを望みます。

ビフォーアフター

ビフォー

MacBook Air (13-inch Mid 2011)

  • バッテリー(常に交換してくださいアラート)
    • 実質2時間くらい
    • スリープさせておくといつのまにか放電
      • からの充電をしてもレインボーで固まり再起動
    • MagSafe便利
  • SSD
    • 遅さを感じる
    • 128GBをやりくりし常に使用率が90%以上
    • SDカードで増量させて延命
    • iTunesの自動バックアップやOSアップデートで詰む
      • OS X Developer tools を削除して再インストール
      • アップデートのたびに徐々に容量が大きいアプリケーションやVMを削除...
  • CPU
    • ブラウジングだけですぐにファンが唸る
    • 膝の上においてても熱い
  • メモリ
    • 4GBで並列で何か行うことがきつい
  • 画面
    • 自分のモバイル機器で唯一の非Retinaで文字の滲みが気になる
    • 解像度が1440 x 900 で縦幅狭め
    • GmailでActiveInboxペインを合わせるとメール一覧ペインは6通分でスクロール
      • 67% 縮小表示で文字小さくしてごまかして拡げてた
  • 重さ
    • 片手で持てる
  • マイク&スピーカー
    • シャカシャカ音なので外付けスピーカーやアンプにすぐ繋げたくなっていた
      • bluetoothの規格が古すぎなのか接続不良でPCからワイヤレスで繋げない
      • 漢は黙ってプリメインアンプ
        • ソファから重い腰をあげて主電源スイッチONからのiTunesでAirPlay
    • マイクは故障してWebミーティングで困った
      • WebミーティングするときはiPhoneについてきたEarPodsのマイクで凌ぐかiPadを使っていた
  • キーボード&トラックパット
    • 横長で小指が短いので大きく開く必要があった
    • 安定のESC
    • 使いやすいトラックパット
      • トラックパットがかなり使いやすいのでマウス&外付けキーボードを使わなくなった

アフター

MacBook Pro (13-inch, Late 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)

  • バッテリー
    • 2時間 → 10時間 へ 約5倍アップ
    • スリープからのTouchIDで解除便利
    • USB-Cはちょっと力を入れないと抜けない
      • 本当はSkylakeで利用可能になったワイヤレス給電仕様「Rezence」の採用を期待していたんだけど待ちきれませんでした
  • SSD
    • 容量は 128GB → 512GB へ 約4倍アップ
    • 速度は 約 200MB/sec → 2000MB/sec になったので 約10倍アップ
    • 何をするにも早い印象
  • CPU
    • シングルコアで 2035 → 3884 へ 約2倍アップ
    • マルチコアで 3852 → 7856 へ 約2倍アップ
      • シングルコアで前機種のマルチコア性能超え
    • 静かで熱くない
    • 体感的にキビキビ
    • ムーアの法則では18ヶ月で2倍になるらしい 60ヶ月(約3周期で6倍)
      • CPU周波数やコアはそれほどかわらなくても多分効率はよくなってそう
      • ベンチマークを参考までに見てみた
    • コンパイルでも困ることはないくらいだと思う
  • メモリ
    • 4GB → 16GB へ 約4倍アップ
    • VMを再び入れた
      • ローカルでもVagrantやDocker使えるぞぉぉぉおお!!
  • 画面
    • 月並みだけどRetinaで綺麗
    • 解像度 1440 x 900 → 1680 x 1050 へ インパクトでかい
    • ブラウザのツールバーが倍くらい広くなった
    • 会社で使っている15インチと比べると少し狭いけど十分やっていける
    • GmailのメールInbox一覧ペイン 表示件数 6通から8通 へ 1.3倍アップ
      • 一段階縮小すると10通表示できるようになり文字も綺麗で読めるけどデカ文字派なのでそのままに
  • 重さ
    • Airに比べて手首や片手持ちあたりの面が厚くなった分重く感じるような...
      • たぶん気持ちの持ちよう
  • マイク&スピーカー
    • 人の声が綺麗でアンプ使って聞きたいという時以外はだいたい耐えれる
    • 使えるマイク
  • キーボード&トラックパット
    • トラックパットでかっ
      • すぐなれた
    • ESC問題
      • 慣れない
      • 実は左の余白でぎりぎり指がescに引っかかっても押したことになるので見た目以上にescボタンの幅は広い扱いである
      • 打ったレスポンスがないので連打してしまう...
      • Capsキーと入れ替えたけど使わず
      • Ctrl - [ の方が使い慣れていて打ちやすい
    • キーボード

買ってみてどうだったか

ESCが致命的ではなかったので、生活スタイルや使い勝手も変わらず満足しています。 円高で100円換算となった価格が幸いし良い買い物になりました。

2011のMacBook Airからだと全体的な性能や体感速度がかなりあがっているので、全くの別物の印象を受けてます。

TouchBarというかTouchIDがあったので1Password使うきっかけになったし、規格的にも次の3年くらい困ることにはならなさそうでほっとしてます。

最後に

これで本格的に活動をアクティブにできます!! モチベーション大事。

AWS Cloud Roadshow 2016 札幌に行って日々都心で働いていることの「心の空白」を埋めてきた

f:id:guyon:20161012103038j:plain

roadshow.awseventsjapan.com

行ってきました。

先日のエントリーで、下記のようなことを感じたいと言いましたが、実際に参加してみると想像以上にリアル感が伝わってきました。

セッションテーブルを見てみると、自身の生活に関わってそうなことも聞けそうです。北海道は農業で日本一壮大な規模を持っており、その他の地場産業も活発ですので、どんな感じでクラウドが活かされているのか、単純に興味があったりします。

また、普段都市部と言われているところで働き、仕事やコミュニティを通して人と関わってきていますが、それとは違った考えやマインドを肌感覚で感じられるかもしれません。

AWS Cloud Roadshow 2016 札幌 のナイトイベントで発表します - Guyon Diary

身の回りで起こるハッカソンやサービス立ち上げとの違いは?

私たちはソフトウェア開発を生業としていて、日々生活するなかで下記のような思考でいろんなアイディアが浮かび技術的なアプローチを中心に取り組んでいます。

  • もうちょっと便利に
  • そもそも面白いことをしよう
  • こんなサービスあったら効率的で問題解決できる
  • 人の繋がりやニッチなニーズで勝負

都心では多種多様なニーズがあって小さくても需要があり、クラウドや各種サービスやOSSの隆盛があるというバックグラウンドがあり、自身でサービスを立ち上げる障壁が低いんですよね。他人に頼めば何十万〜何百万円もかかるものが自身でやれば、DIYと同じなので。

会社の中でも「こんな便利ツールや仕組みを作ってみたからみんなで試してみない?」という事例もたくさんあります。 これはこれで価値があり素晴らしいと認めつつも、身の回りの人がソフトウェア開発者が多いので、ソフトウェア開発者視点の発想によってしまいがちになってしまっている自分がいると最近感じていました。

そして、札幌から帰ってきてTwitterのタイムラインを眺めていたら、こんなTweetな流れてきてハッとしました。

自分が札幌に行って感じ取りたかったことってこういうことだったのかもと。

そして札幌

基調講演

基調講演ではこんなことを言っていました。

最初が基調講演だったのでここに来ているユーザが何を求めているのか、どういう現状なのかよく理解できていませんでした。基調講演で聞いた内容はAWSを使っている開発者であれば知っていることがほとんどで、目新しさはないものの、ここは開発者のイベントではなく、主に採用をしたいと思っている北海道の方々なのだというのが、周りを見渡して服装や表情を見ていて、話している内容がマッチしているんだろうなというのがわかってきました。

事例を聞いてみて

JAめむろさん

JAという響きを聞くと農協で固そうというイメージをしてしまっていたのですが、考えとコンセプトがしっかりされていて非常に話が面白かったです。

自身の存在を否定するところからアクションして行くって大変だったんだろうなぁと想像したり、苦労や工夫や取り組みを聞くと、一次産業を支えるのがJAさんが大きく担っていて、社会を大きく変えるポテンシャルを持っているということがヒシヒシと伝わってきました。

北海道はすべてにおいて壮大すぎるので迫力があってインパクトでかい!!漢のロマンを感じざるを得ない。と思ったが、農家さんの資金繰りや継承の話を聞くと、日本の食文化を支えていることがモチベーションとして維持できるギリギリの線で保たれているという現実がありました。NHK番組を生で見ている感覚でした。

自然を相手にする仕事は実家の周りでは多かったので、気苦労すごくわかります。

このセッションが終わった後、発表者の方に声をかける人の列ができており、私も感銘を受けたので列の最後に並んでご挨拶をさせてもらいました。こういう取り組みを支えることができれば、「回り回ってポテチが妻のお腹に入っている」という日常の一コマは変えれなくても、この身近な社会を変えることができるんだろうなぁ。

とか。思ったり。

農業機械

農業機器をサポートするIoT的ものやICT的なものがありました。

「スケーラブルな農業機械」の実現を目指す。取り組みのセッションではあのでかいトラクターをスケールさせるという、動画付きの解説で圧倒されました。F1を見てても共通して感じることで、ひとつの部品や効率化で差をつけるだけで1周あたりコンマミリ秒で競っているのに、50周も走れば数分差がつき周回遅れどころか、2周くらい差がついてしまいます。

当日は画像認識の話があったけど、もっと活用できれば「事故からの命を救えるんじゃないか」など考えてみたけど、命を扱う仕事って自分たちも神経をすり減らして大変なんだろうなと思いを巡らせてみたり...

発表でも触れられていたAWSが支える技術という目線でみると、少し視野が広くなった気もします。

ブース展示

ブース数も多くなく、だいたいのところを回りました。 北海道的なものというよりも、ほぼ都内で聞ける話とかわりなく、現実に引き戻させれた感がありましたが、逆を言うとこういう風に自分たちも何かできたりするのかなと。

コミュニティ

札幌を中心に道内の開発者の方がナイトイベントに参加するために集まっている模様で、互いに顔見知りの方も多いようでした。私は函館の会社メンバーからの紹介で縁あってこの場に参加させて頂いたのですが、楽しい時間を過ごすことができました。

自身の発表についてはこのエントリーとは別の場で紹介したいと思います。

それと、意外にも数年ぶりに横浜でお会いしたことがあった方と再会したりとサプライズでした。

地方イベントも熱いですね!!

最後に

日々、切磋琢磨したり身近なことに取り組める勉強会もいいですが、こういう地方イベントはビジネスやあり方の根幹に触れることができ、別の意味で悩みや考えなど刺激を受けれて楽しかったです。

行ってよかったー。

Vim8にあわせてYokohama.vim #8を開催しました

ひさしぶりにYokohama.vim #8 を開催しました。

yokohamavim.connpass.com

Vim8がリリースされソッコー入れてみたはものの、あまり穏健を受けていない気が・・・ そして、TweetVimも入れてみようと設定していた時に天から閃きが。

「そうだ!Yokohama.vimを開催すれば、テンションあげれていいんじゃないか」と。気分がノッた勢いで開催に至りました。 気づけば1年経っていて完全に私のペースでできる時にやるという活動になっているものの、応募定数に達したくさんの方に参加していただきうれしかったです。

開催準備

せっかくのオフラインで集まれるということもあり、Yokohama.vimでは参加者同士が会話したり、コミュニケーションできるような場にしたいなと思って、都度何かテーマを決めてやってます。

今回は「なるようになれ」というコンセプトにしてみて、アイスブレイクのみしっかりとした「これやりましょう」という形にして、それ以降は同時進行でそれぞれのテーブルに集まって何かできていたらなーとぼやっと考えていました。

アイスブレイク

そこで、自己組織化ゲーム。 アジャイル界隈ではわりとポピュラーなワークショップで、それをアレンジしてみました。

この場では自己組織化を説きたいわけじゃなく、HJKL言っている姿で面白おかしくしたいだけという悪ノリで結果的にシャイなVimmerたちが声をだしてしゃべったり、「自己組織化」って言葉出すだけで、みなさんそんな気分になれればいいかなと思いました。

やってみて

  • 見ている方は面白い
  • たった3分 x 2回だけど いい汗かいてましたね
  • 2回目は本当に自己組織化していてお互い声かけあっていないのに戦術を見つけ出し高スコアを叩き出していました
    • ペアの記録だけでなく気づけば全体が協力しあってその場やチーム作る的なのがチームビルd...

余興にはなりました。たぶん...

発表

@Watson_DNAさん

speakerdeck.com

発表準備をしてきてくださり、アイスブレイク後みんなで聞きました。 発表上手でTeXで作った資料や奥深さ堪能できました!

  • Lingrで気軽に質問していいの?ってスライドでの問いかけに
    • OKと会場から声が

@Linda_ppさん

飛び入りで資料なしLTをしてくださいました。 ELVMを絡めたアイディアの取り組みの現状についてお話。 思考が深く、NyaoVimの時もそうですがいつも感心するばかりです。

その他・フリータイム

  • TweetVimの話題
  • 実はみんな知りたかったVim8の新機能ウォークスルー
    • thincaさんによるVim8の解説イイ
  • 参加者から初心者ハンズオンの希望があり隣の方が「わたしできますよ」と横でVim入門をしてくださっていて素晴らしかった!
  • 懇親会で仕事でガチGit運用のお悩み相談・ディスカッション(5人くらいで話し込んだ)
    • チームサポート的のこと
    • ブランチ戦略
    • ベストプラクティスをベースにして実践した上でのリアルな悩みが知りたい・参考にしたい需要
      • プロダクトをバージョンごとに長期間保守し続ける必要があるか、生存期間が短くすぐ捨てれるかで戦略や悩みも異なる。
      • 身近なところのリアルな事例興味がありそういう情報共有したい(普段なかなかそういう情報ださないし話すきっかけが少ない)
  • しっぱい
    • Vimの軌跡に併せてYokohama.vimの軌跡のスライドを作ったのに、会場で発表直前に消えてて悲しかった。
      • ご挨拶のネタが中途半端に不発
      • 帰宅後再度探してみたけど見つからず
      • どこで神隠しにあってもうたんやー
    • 懇親会のおつりを渡しわすれる事件発覚
      • 後日連絡させていただき、2つの案を提示中。

参加者レポ

  • @thincaさん

thinca.hatenablog.com

  • @basyuraさん

blog.basyura.org

  • @0xUMAさん

massa8080.hatenablog.com

最後に

今回も楽しめました。主催者にとってのモチベーションはやってて楽しいというのが開催するモチベーションですが、そのうえでこういう場があるのが良いと言ってもらえて本当にうれしいです。

次回も、また開催するのでぜひ気軽に遊びにきてください!

AWS Cloud Roadshow 2016 札幌 のナイトイベントで発表します

roadshow.awseventsjapan.com

10月12日(水)に開催される AWS Cloud Roadshow 2016 札幌 のナイトイベントの中で20分くらいの発表をしてきます。

こういうカンファレンス系の場で発表するのは、もう何年前になるか忘れるくらいのRubyKaigiのVimセッション枠でVimネタ*1を話して以来でしょうか。

登壇が最終セッションなので、それまでは日中のセッションを楽しもうかなと。

セッションテーブルを見てみると、自身の生活に関わってそうなことも聞けそうです。北海道は農業で日本一壮大な規模を持っており、その他の地場産業も活発ですので、どんな感じでクラウドが活かされているのか、単純に興味があったりします。

また、普段都市部と言われているところで働き、仕事やコミュニティを通して人と関わってきていますが、それとは違った考えやマインドを肌感覚で感じられるかもしれません。

当日がとても楽しみです。(あっあと、食べ物も...)

とうことで、これから資料を作り上げていくタスクのモチベーションあげていきます。

*1:Yokohama.vimを立ち上げますネタだった覚えあり