読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Macbook Air 2011 から Macbook Pro 2016 Touch Bar 13インチ に乗り換えて 1Password にデビューした

f:id:guyon:20161127190525j:plain

ここ数年MacBook Air 2011 のつらい環境から早く乗り換えたいと思いつつも、MacBookMacBook Airがでるかもという噂が出ていたので、結果的に今回の発表まで待って薄くなったタッチの方のMacBook Pro 13インチを買いました。

買う前に気になったのは2つくらい。主にVim周りのリズムが狂うのを心配しました。

  • Touch Barって便利に感じるのだろうか?
  • VimやターミナルでESCを入力するとき違和感あったらつらそう

とは言っても、15インチはTouch Barしか選べず並行で旧来のキーボードを売っていく気配がなかったので、結局使うことになるのであれば慣れるために早めに使ってしまえと Touch Bar を選択。

TouchIDに対応した1Passsword デビューへ

f:id:guyon:20161127182934p:plain

Black Friday Mac アプリのバンドル

1Passwordを買おうとしたところ、Parallels Desktopが 1Password 他のバンドルセットを始めていました。 妻もアンチウイルスソフトを乗り換えで買おうとしていた所だったので、タイミングが絶妙でした。

ちょっとだけ気にしたこと

  • Family 版なので毎年更新が必要
    • まずは勢いに任して試してみる
  • 保管先がDropboxか1Passwordに預けるか自前で管理するか
    • 両社ともクラウドには変わりはなくセキュリティ管理と対応はいいので1Passwordとする
  • バージョンアップも多そう

ということで、家族もいるし便利に使えそうです。 パスワード管理という性質上TouchIDで解除は怖いので、もうちょっと追加機能でアナログ攻撃の安全性が高まることを望みます。

ビフォーアフター

ビフォー

MacBook Air (13-inch Mid 2011)

  • バッテリー(常に交換してくださいアラート)
    • 実質2時間くらい
    • スリープさせておくといつのまにか放電
      • からの充電をしてもレインボーで固まり再起動
    • MagSafe便利
  • SSD
    • 遅さを感じる
    • 128GBをやりくりし常に使用率が90%以上
    • SDカードで増量させて延命
    • iTunesの自動バックアップやOSアップデートで詰む
      • OS X Developer tools を削除して再インストール
      • アップデートのたびに徐々に容量が大きいアプリケーションやVMを削除...
  • CPU
    • ブラウジングだけですぐにファンが唸る
    • 膝の上においてても熱い
  • メモリ
    • 4GBで並列で何か行うことがきつい
  • 画面
    • 自分のモバイル機器で唯一の非Retinaで文字の滲みが気になる
    • 解像度が1440 x 900 で縦幅狭め
    • GmailでActiveInboxペインを合わせるとメール一覧ペインは6通分でスクロール
      • 67% 縮小表示で文字小さくしてごまかして拡げてた
  • 重さ
    • 片手で持てる
  • マイク&スピーカー
    • シャカシャカ音なので外付けスピーカーやアンプにすぐ繋げたくなっていた
      • bluetoothの規格が古すぎなのか接続不良でPCからワイヤレスで繋げない
      • 漢は黙ってプリメインアンプ
        • ソファから重い腰をあげて主電源スイッチONからのiTunesでAirPlay
    • マイクは故障してWebミーティングで困った
      • WebミーティングするときはiPhoneについてきたEarPodsのマイクで凌ぐかiPadを使っていた
  • キーボード&トラックパット
    • 横長で小指が短いので大きく開く必要があった
    • 安定のESC
    • 使いやすいトラックパット
      • トラックパットがかなり使いやすいのでマウス&外付けキーボードを使わなくなった

アフター

MacBook Pro (13-inch, Late 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)

  • バッテリー
    • 2時間 → 10時間 へ 約5倍アップ
    • スリープからのTouchIDで解除便利
    • USB-Cはちょっと力を入れないと抜けない
      • 本当はSkylakeで利用可能になったワイヤレス給電仕様「Rezence」の採用を期待していたんだけど待ちきれませんでした
  • SSD
    • 容量は 128GB → 512GB へ 約4倍アップ
    • 速度は 約 200MB/sec → 2000MB/sec になったので 約10倍アップ
    • 何をするにも早い印象
  • CPU
    • シングルコアで 2035 → 3884 へ 約2倍アップ
    • マルチコアで 3852 → 7856 へ 約2倍アップ
      • シングルコアで前機種のマルチコア性能超え
    • 静かで熱くない
    • 体感的にキビキビ
    • ムーアの法則では18ヶ月で2倍になるらしい 60ヶ月(約3周期で6倍)
      • CPU周波数やコアはそれほどかわらなくても多分効率はよくなってそう
      • ベンチマークを参考までに見てみた
    • コンパイルでも困ることはないくらいだと思う
  • メモリ
    • 4GB → 16GB へ 約4倍アップ
    • VMを再び入れた
      • ローカルでもVagrantやDocker使えるぞぉぉぉおお!!
  • 画面
    • 月並みだけどRetinaで綺麗
    • 解像度 1440 x 900 → 1680 x 1050 へ インパクトでかい
    • ブラウザのツールバーが倍くらい広くなった
    • 会社で使っている15インチと比べると少し狭いけど十分やっていける
    • GmailのメールInbox一覧ペイン 表示件数 6通から8通 へ 1.3倍アップ
      • 一段階縮小すると10通表示できるようになり文字も綺麗で読めるけどデカ文字派なのでそのままに
  • 重さ
    • Airに比べて手首や片手持ちあたりの面が厚くなった分重く感じるような...
      • たぶん気持ちの持ちよう
  • マイク&スピーカー
    • 人の声が綺麗でアンプ使って聞きたいという時以外はだいたい耐えれる
    • 使えるマイク
  • キーボード&トラックパット
    • トラックパットでかっ
      • すぐなれた
    • ESC問題
      • 慣れない
      • 実は左の余白でぎりぎり指がescに引っかかっても押したことになるので見た目以上にescボタンの幅は広い扱いである
      • 打ったレスポンスがないので連打してしまう...
      • Capsキーと入れ替えたけど使わず
      • Ctrl - [ の方が使い慣れていて打ちやすい
    • キーボード

買ってみてどうだったか

ESCが致命的ではなかったので、生活スタイルや使い勝手も変わらず満足しています。 円高で100円換算となった価格が幸いし良い買い物になりました。

2011のMacBook Airからだと全体的な性能や体感速度がかなりあがっているので、全くの別物の印象を受けてます。

TouchBarというかTouchIDがあったので1Password使うきっかけになったし、規格的にも次の3年くらい困ることにはならなさそうでほっとしてます。

最後に

これで本格的に活動をアクティブにできます!! モチベーション大事。