読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yokohama.vim.reverse #4 を開催しました

Yokohama.vim.reverse #4を開催&参加しましたので簡単ですがレポートを書きます。

http://atnd.org/events/36424

開催にあたって

前回が昨年の夏前で今が真冬の2月なので約半年ぶりの開催ですね。前回の懇親会でのノリを覚えていたのでいつもとは逆順の流れでやってみようという試みでした。

結果

こんな感じで半日を過ごしました。

  • Vimmerはシャイで少しお酒が入った方が打ち解けるよ!
    • それでもアイスブレイクくらい必要だよね?
      • 自己紹介をネタにした「私は誰だ?」 華麗に滑りました.
  • Best of Vim Advent Calender
    • 面白い日を探そう
      • 初心者向けとネタ(?)記事が人気でした
        • ネタでなく本気です
      • 私が書くと翌日でストップするという悪いジンクスがあるので書くのに躊躇してた...
  • SublimeText2の魅力的な機能を探そう
    • もくもくと触っていました(主に自分)
      • コードを書きながらという実際のシチュエーションとは違ったので良さに気付きにくかった?
        • vimとの違いを探してしまいがちだった
      • Linuxで日本語扱うのは少し辛そう
  • 発表
    • KSuzukiiiさん
      • markdownでリンクテキストのみを表示させたい
        • 今取り組んでみた事を発表
    • thincaさん
      • 懇親会の中で「ペイント」プラグインを0からライブコーディング
        • ペン・消しゴム・パレットが実装できました
    • mittanさん
      • nomalモードでアローキーを使った時にツンデレ風に指摘してくれるプラグインをライブコーディング
        • thincaさんとデュアルディスプレイで共演
          • 見てて面白かったです
          • 最後にしゃべらせようとしていましたが時間の関係で惜しくもあと少しで届かず

私がしゃべっている事も多かったので、参加者同士でもっと交流できるようにネタをもう少し用意したり、進行を改善したりできたのではと反省点もありました。

懇親会では参加者の8割が参加してくださって、こじんまりとした会だったけど最後まで楽しく過ごすことができました。

最後に

参加して頂いた方々お疲れさまでした。ありがとうございました!!
今回もこの為だけに遠方から駆けつけてくださった方もいて本当に感謝します。
(もちろん距離に関わらず時間を作って頂いて来て下った方々全員にも!)

次回もきっと気まぐれに開催すると思いますので、その時には是非みなさまお付き合いください。