読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MacのEye-Fi CenterがAdobe AIRのバージョンによってクラッシュする

Eye-Fi Connnectを以前から持っていたのですが、Mobileも買い足したので本格的に画像と映像をオンラインストレージを使って管理しようと思って、Eye-Fi Centerを利用したのですがAdobe AIRのバージョンによってはクラッシュしてしまいはまったので、現時点で動作できたバージョンの組み合せを残しておきます。

Eye-Fiカード

最新バージョンは公式サイトからダウンロードできますが、Eye-Fiカード内にもインストーラーが入っています。最新版ではクラッシュしてしまったので、カード内のインストーラから利用しました。

  • Eye-Fi Connect X2
  • Eye-Fi Mobile X2
    • Eye-Fi Center 3.0.3(だったかな)
    • Adobe AIRは格納されていなくインストールされていないければAdobe AIR Installerがあとで起動

最新バージョン:Eye-Fi Center3.3.1

Eye-Fi Center3.3.1はAdobe AIR 2.6にするとクラッシュしてしまいました。Connectにインストールされていた1.5だと起動し、ほぼ全ての機能が利用できましたが、カード名を変更する機能を使うとアプリケーションが固まってしまいます。

結果としてEye-Fi 3.3.1はAdobe AIR 2.0.2の組み合せで使えばクラッシュせず、フル機能が使えるようになりました。

Adobe AIR 2.0.2は古いのでAdobeで公開されていなかったので*1こちらのサイトで公開されていたインストーラを利用しました。

まとめ

Eye-Fiと管理ソフトEye-Fi Centerはとても便利なので、クラッシュにめげずにインストールできてよかった!

*1:見つけられなかっただけ