読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

選択範囲に対する検索の訂正とpattern-atoms

先日書いたエントリーに

「すべてのプログラマーが知っておくべき100のvimコマンド」エントリーを見た感想(海外サイト) - Guyon Diary
http://d.hatena.ne.jp/guyon/20081210/1228921122

kanaさんから突っ込みを頂きました。

Re: 「すべてのプログラマーが知っておくべき100のvimコマンド」エントリーを見た感想(海外サイト) - Guyon Diary - while ("im the true Vim master"); - vimグループ
http://vim.g.hatena.ne.jp/ka-nacht/20081211/1228926340

なるほど。
指摘してもらった通り、結果からの誤解でした。
指摘ありがとうございました!

間違い

もう一度試してみました。

pqr
stu
abc <<< ここから
def
ghi
jkl
mno <<< ここまで選択しておく
pqr
stu
~
~

として、?を使って「stu」を後方検索を行うと

pqr
stu <<< ここから
abc <<< ここまで選択される
def
ghi
jkl
mno
pqr
stu
~
~

となりました。
これの結果のとおり、選択範囲からの検索ではなくカーソル移動になるという結果です。

選択範囲に対して検索するには(再)

教えて頂いた「\%V」*1というpattern-atomsで検索できました。

:h \%V
|<<

日本語ヘルプだと普通のアトムというタイトルだった。 => pattern-atoms

>|help|
						*/\%V*
\%V	選択範囲内にマッチします。ビジュアルモードでないときは、|gv| で再選択
	できる範囲にマッチします。
	カレントバッファでのみ機能します。

勉強になりました。:-)

*1:macだとバックスラッシュはoption-\で入力する