読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

git・subversion両方使えるUnfuddleが無料プランで作成可能リポジトリ数が無限になった

unfuddle

git入門しているところで、まずはconfigsファイルをgitで管理してみようと練習しています。
リポジトリgithubunfuddleのどちらを使うか迷ったのですが、「ミラーは簡単にできるのでどちらで始めても問題はない」と教えてもらったので、privateに使える事もあってunfuddleで使い始めてpushしまくっていたら、unfuddleのブログに新しい記事が掲載されている事に気付きました。

新しい記事でもGitを押しまくっています。
ホント、unfuddleの人は今ユーザが何を望んでいるかわかっているなぁ。

リポジトリを無限に作れるようになったよ

Unlimited Repositories. Each Unfuddle account may now have an unlimited number of Subversion or Git repositories. Mix and match as you will!

http://unfuddle.com/blog

一個のアカウントでgitリポジトリsubversionリポジトリも混ぜて使ってもいいよ!(意訳)


でも、フリープランでつかえるIssueTrackingSystem(プロジェクト)数は1個だけ。
まだ無限リポジトリになってから使い込んでいないからわからないけど、プロジェクトに対して複数リポジトリの対応が1対多の関係になったのかなぁ。

syntax colorが強化された?

Code ColoringRepository Browser. Unfuddle now sports a slick new repository browsing interface that makes it simple to view and analyze the contents of your repository right from your browser. One of the coolest things about the new interface is seamless syntax coloring for most commonly occurring file types.

vimscriptがシンタックスハイライトされていないことは確認できました。orz
C,Ruby,Perl,Python,Shell,Schemeシンタックスハイライトされた。

まとめ

http://unfuddle.com/

ということで、IssueTrackingSystemとプライベートリポジトリを作りたい時はunfuddle、公開したい時はGitHubの併用が良さそう。

  • 両方試して見たけど、SSHの鍵登録の手順は説明通りやればできました。
  • SSH公開鍵の登録画面はうり二つというくらい似てました。
  • 一個のgitリポジトリunfuddleGitHubをremote登録し双方にpushというのも試してみました。
    • 成功。やった。

明日にでも、ちょっと手順をまとめてみたいと思います。