読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

g-

vim

vim7 undo branch - undo を使いこなす - bonar note

通常の無限undoだけで問題ないようにも思いますが、たまに困ることもあります。例えば、ある文章やコードを書いていて途中undoでいくつか履歴を戻り修正していたものの、よく考えるとさっきまで書いていたもののほうが良かったのでそっちに戻りたい、みたいな場合です。


vim7 ではそういったundo/redoの行き来を管理する機能「undo branch」がつきました。

知らなかったー。
こういうシチュエーション「あるある」*1と頷きながら読みました。


そういう時は

:earlier hoge_time

で感覚的に戻っていたけど、今度から紹介されていた

g-
g+

を使います。
基本的な操作だけど効果絶大だー。

Let's

:h undo-branches

*1: いやかなりある。