読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アジャイル好きな私がデビッド・アレン来日GTDワークショップに行ってきました

GTDのプロセスの生みの親で生産性向上コンサルタントのデビッド・アレンさんが来日してワークショップが開催されるということで、先日、参加してきました。 なぜGTD? 10年程前にこちらのサイトを知ったのをきっかけとして、シンプルでわかりやすいGTDが好き…

認定スクラムマスター研修に参加しました

Scrum Allianceに認められている、日本で唯一実施されている認定スクラムマスター研修を6月14日・15日に受講してきました。みっちり2日間で9時〜18時(30分延長)を使って行います。感想を先に言ってしまうと、受講する前に「なぜScrumなのか?」という、ず…

SCRUM本に載っていたSECIモデルで暗黙知と形式知について学ぶ

今、SCRUMに取り組んでいます。自分が現在関わっているプロジェクトはSCRUMではありませんが、隣のチームのプロジェクトはSCRUMで進めていたりしていて、社内でもXPよりSCRUMという言葉をよく耳にする気がします。 今日の読書より 「アジャイルソフトウェア…

全速前進

No4.機雷がなんだ!全速前進!とちょっと違うかもしれないけど。 気持ち 今日、納品直前のソフトウェアにバグを発見した。 色々な名目のテストに全部パスして、ドキュメント整理をしている段階。その箇所は、自分が書いたコードです。 全てのテストに通って…

今日のアジャイル・プラクティス

今日のGoogleガジェットに表示されたプラクティス。 【43 コードの共有には段取りがある】 目に付いたのが天使の言葉 コンパイルできないコードやユニットテストが通らないコードを故意にチェックインするのは、犯罪的な過失といえます。 「ですよね」と頷い…

毎日朝していること

「でぃべろっぱーず・さいど」さんが作った「アジャイルプラクティス・ガジェット」に目をやり、ランダムで表示されるプラクティスから http://dev.chrisryu.com/2008/02/agile_practice_gadget.html 手元にある原本をさっと斜め読みする。 いい感じに、朝の…

「アジャイル・プラクティス」を読み終えた

先月購入した、「アジャイルプラクティス」をようやく読み終えました。アジャイルプラクティス 達人プログラマに学ぶ現場開発者の習慣作者: Venkat Subramaniam,Andy Hunt,木下史彦,角谷信太郎出版社/メーカー: オーム社発売日: 2007/12/22メディア: 単行本…

となりに座っていた人の会話

帰宅中の電車でアジャイル本を読んでる時に、隣に座っていた60才くらいの2人組の会話が耳にはいってきた。 彼ら二人はある物事に対して『いかにできない(駄目)』かを理論立てて力説していた。 逆に『どうしたらよくなる』『改善策や打開策』かはまったく…

2冊本を購入

仕事帰りに、アジャイル本2冊買ってきた。 本屋さんでAmazonカードを使ってお支払い。微妙な空気だった。帰りの電車で読んでいたら、乗り過ごしてしまった。 その分たくさん読めたからよしとしよう。

アジャイル本の購入

先日Rails勉強会のエントリーを書いたら、id:kakutaniさんのブクマコメントで「アジャイルプラクティス」をお勧め頂きました。ありがとうございます。 実はこの本、図書館に予約していてもうすぐ届く予定だったのですが、監訳されている角谷さんからありがた…

Rails勉強会@東京第26回に初参加した

週末にRails勉強会@東京へ行ってきました。 トラックバックを送るまでが勉強会ということで、実行。 Railsの話よりも、コミュニティ文化・アジャイルの視点を中心に書いていきます。 オープンソース系かつコミュニティ系の勉強会に参加した事がなかったので…

今年を振り返る

今年は飛躍の年だった。 色んな事をとりいれて、自分の中で確立させることができた! GTD&アジャイル アジャイルに開発をする楽しさがわかった一年だった。これから自分がシステム開発に関わっていく姿勢や目標などがはっきりと見えた。 自分の参加するプロ…

XPエクストリーム・プログラミング入門を読んだ

XPエクストリーム・プログラミング入門―ソフトウェア開発の究極の手法作者: ケントベック,Kent Beck,長瀬嘉秀,飯塚麻理香,永田渉出版社/メーカー: ピアソンエデュケーション発売日: 2000/12メディア: 単行本 クリック: 33回この商品を含むブログ (39件) を見…

アジャイルでの要件定義

id:masayangさんの日記を読んだ。 http://d.hatena.ne.jp/masayang/20071213/1197534511 この分析方法かなり使えそう。 アジャイルに開発を行おうと思っても、意見が割れるのは人が2人以上集まればよくある事だと思います。 感情的な意見や立場の違いによる…